燃えるゴミと一緒に捨てられることが多い資源。雑誌、新聞紙、ノートや紙箱・チラシなどの雑紙なども資源として出すことができるのです。

これらを燃えるゴミではなく資源として出せば、有効活用されてゆくゆくは環境が守ることに繋がります。

分別方法は自治体によって違い、ややこしいから全部燃えるゴミに……としていた人も多いかもしれません。しかしこれははすぐに資源ゴミとして出すことができますので、まずはできることから始めてみませんか?