「13歳未満の子どもの利用を意図していません」「13歳未満場合、YouTubeを利用しないでください」ということがYouTubeの規約に書かれていました。

最近、子ども向けの動画に見せかけて本当はホラー動画だった、という話題がありました。そのことにより、子どもにYouTubeを見せるか見せないかという問題が再浮上しています。

YouTubeの規約に強制力はありません。だから余計にそれぞれのご家庭に判断を委ねられています。「子どもだけでYouTubeを見せない」「時間を決める」などしてきちんと話し合うことが最善です。