チョウザメのお腹をぐーっと押して卵であるキャビアを出しています。その様子がまるで脱糞そのものだと話題です。

無理矢理卵を出しているように思いますが、マッサージを施しています。「親魚を殺さない為の重要な技術」であり、ドイツの科学者が開発した産卵方法だそうです。お腹を割く方法は1度限りですが、この方法はでは生きている限り産ませることができるので、チョウザメにとって優しいのだとか。

しかし産卵の様子がなんとも言えませんよね。