「若者の自動車離れ」で自動車の保有者が減少していることや、電気自動車の普及で排気量に応じた税収が難しくなること、ハイブリット車の増加により低燃費の車が増え長期的に見るとガソリン税の税収にも影響してくることなど、多くの要因が重なり、将来的には自動車関連の税収も大幅に減少することが予想されるとの事で、今回の対策に踏み切ったようです。
生活エリアによっては、大きな差が生まれるのは避けられず、通勤や日常生活などで自動車の利用が必須となっている地方在住者にとっては、これまで以上に大きな負担となると悲鳴が上がっています。