こちらのクワの木はモンテネグロにあるのですが、大雨が降るたびに噴水のように水が噴き出すそうです。
木の真下に水脈があり、その水脈が少しずつ内部を押し上げたことによって、木の裂け目から水が噴き出すようになったそうです。

周りにも木はたくさんありますが、この木だけのようです。
たまたま水脈が木の真下にあって、クワの木自体も裂け目があって等複数の要素が組み合わさって、このような神秘的な現象がみられるようになったんでしょうね。
まさに奇跡的です。