黒曜石というものがそもそも何なのか筆者は知りませんでしたが、火成岩の一種なのだそうです。

石器時代にナイフや槍の先として使われていたというだけあり、その切れ味は相当ですね。

石なので錆びることなく9000年たっても衰えないその切れ味に驚かされましたが、黒曜石はその美しさも素晴らしいです。

地中にある限り風化も劣化もしないということは永久的に使える刃物ということですよね。

自然の力の偉大さをしみじみ感じさせられました!