このとてつもなくかわいい鳥「シマエナガ」は体長が約14センチほどだそうで、
色が真っ白でふわふわなので雪の妖精と呼ばれているそうです。
あまりの人気に写真集まで発売されています。
生息地は北海道だそうで、遭遇するには北海道内の緑が多い公園や、
神社、緑地で会えるそうです。
時期としては1月と2月は特に寒さの厳しい地域を除いて、道内のさまざまな場所で目撃
されているそうなのですが、3月中旬以降、春になると目撃率が下がるようなので、
直接見て見たい方は時期を見極めていかれるのがオススメみたいです。