しつけとは「痛いから吠えない」を教えるのではなく「吠えてはいけない時だから吠えない」を教えなくては意味がありません。

首に穴が開くほど痛めつける装置を使わなくても、きちんと言うことを聞かせればしつけはできるのです。

ペットは家族だと思って飼い始めるはずなのに、なぜこんな可哀想な首輪をつけることができるのでしょう。

痛めつける方法ではなく、ペットとの信頼関係の構築ができるしつけ方法があるはずです。