医療を目的とした大麻所持は既に合法化されていたカナダですが今回、嗜好用大麻も合法化となりました。ウルグアイに続き世界で2カ国目となります。ただし、州ごとにルールは多少異なるようです。例えば、国としては18歳以上となっていますが19歳以上とする州もあるようです。
ただし、日本人の大麻所持がカナダ国内であったとしても日本国の大麻取締法が適用されてしまいます。日本の大麻取締法では、大麻所持罪や大麻譲受罪について刑法第2条が適用されます。第2条の中の一文に「この法律は、日本国外において罪を犯したすべての者に適用する」と規定されているため犯罪となってしまうのです。また、今回の合法化に伴い大麻を使用したチョコレートやキャンディーなどのお菓子が出回ることが予想されますのでお土産購入時には充分にお気をつけ下さい。