この事件について、近畿厚生局麻薬取締部によると、梶林被告は財布や店内のダンボール箱に袋を小分けにして大麻を隠していたそうです。
また、「店の中で大麻の匂いがした」と話すお客さんもいたようです。それがなぜ「大麻の匂い」だと分かったのか考えると怖い証言でもありますが、人気ラーメン店だったこともあり非常に残念なお話です。
大麻等は、1度手を染めてしまうと2度と普通の生活には戻れません。皆さんも絶対に手を出さないようにしましょう。