いかがですか。

なんともほっこりと癒されるイラストと言葉です。

「ウサギとカメ」を読んでいる2人。

カメはのろまでウサギに追い越されたというところを読んでいる様子。

そこで、この中の優しいウサギさん。
「ウサギ、ひどいよね、ごめんね」と。

するとカメさん。
「きみはきみだよ。ぼくはきみがだいすき」とニッコリ。

このウサギさんも、カメさんも優しすぎて、ステキです。
そして、表情と手書きタッチのイラストにも癒されます。

タイトルの「ひとりひとりをみつめること。」というのも、じんわりと響くものがあります。