お盆の時期になると海はクラゲだらけになって触れるとピリピリするのはよくありますが、紹介されている生き物は本気で人間を殺しに来るレベルの毒を持っていますね。アカエイやヒョウモンダコの毒は強烈な様です。他にも日本だとカツオノエボシやイモガイも危険ですよね。キロネックスはこれだけ大きいのに半透明で見にくいのも恐ろしいですね。また毒を持っていなくてもダツの様に鋭利な頭を持つ魚も危険です。海中では避けるのも難しいですからね。

こうして考えると、この時期に多い怪談や幽霊よりも実在する彼らの方が遥かに驚異的ですね。これから海でダイビングなどを楽しまれるはご注意ください。