踏切で警報機が鳴っている場合電車が踏切を通過する合図のため無理に渡らずに電車が通過するのを待つ必要があります。
それによって人身事故を防ぐことができますが中には踏切を無理に渡るといった人もいます。
東上線の踏切では人身事故が多いみたいですがこれを見れば確かにその理由がわかりますね。

警報機が鳴っているにもかかわらずこれだけの人が踏切を渡ろうとしているのが恐ろしいですね。
まだ電車が来ていないからといってこれは非常に危険なので真似しないようにしたいですね。