いかがでしたでしょうか。とっても面白いですよね。先のついていない掃除機のスイッチが入ったかと思うと、掃除が始まるわけではなくおもしろいことがはじまりました。

こういう用に作られたものでは無いでしょうが、こんなふうに利用しても面白いかもしれませんね。そして、悲鳴ってこんなふうにして作られているのでは無いかと本気で思える動画でした。吸い込む掃除機の音さえ静かであればこんなふうにして悲鳴を撮影することもできそうですね。