真面目で気が弱い男の子が好きな女の子は、自分とは正反対の圧倒的強さを持つ不良の女の子でした。しかし、憧れた不良の女の子は、ある日突然記憶喪失に陥り、以前とは全く違った真面目で大人しい性格の女の子へと変わってしまいました。そのことによって、男の子と女の子の距離は近づいたものの、不良ではなくなった女の子に不自然さを感じていた男の子でしたが、実は女の子も男の子に好意を寄せており、近づくために記憶喪失を装っていたというお話だったようです。

不良としての彼女そのままを好きな男の子の気持ちに、女の子が早く気付ける日がくるといいですね。