商品の特性や売り上げ、知名度の向上のために利用されるのが街中の看板や、ポスターですよね。今回話題となっていたのは、電車のつり革に着けられた腕時計や、マンホールからでる煙をコーヒーの湯気に見立てた広告、そしてバス停のガラス壁を利用した洗剤の広告など、街にあるものを使って商品を上手くPRした広告たち3選のアイデアがスゴイことによって、注目が集まっていたようでした。

ポスターなどの一般的な広告以上に、これらのようなアイデアがつまった広告を使うと、より人々の記憶に残るものとなりそうですね。