映画が公開され、映画館へ入場した観客の料金の収入をまとめたものが「興行収入」と呼ばれています。来場者が多く、人気が多い映画になればなるほど、この金額は高くなっていきます。今回話題となっていたのは、、日本のアニメーション映画に登場するイケメンキャラクターとその興行収入を合わせた画像です。そのインパクトの高さ、そしてジブリ映画の興行収入の高さが改めて認識されたことから注目を集めていたようでした。

イケメンキャラクターの横に興行収入を記載することで、圧倒的な存在感が示されるという、とても興味深い画像でしたね。