2016年の内閣府による「若者の生活に関する調査」によると、・自室からほとんど出ない・趣味の用事の時にだけ外出・近所のコンビニなどには出かける。という状態が、6ヶ月以上続く人を「ひきこもり」と定義するそうです。これだとライターやプログラマーなど自宅が職場の自営業の人や、読書や映画鑑賞などインドア派の趣味の人も全員ひきこもり扱いですね。

本物のひきこもりの人はコンビニすら怖くて行けないって人もいますからね。こういう無茶苦茶な定義でアンケートとるから政府の出す数字って適当なものが多いんでしょうね。