推理漫画では様々な謎やトリックが存在し、それを解き明かしていくのが一般的です。
それらを解き明かした後に犯人が判明し、観念した犯人が犯行の動機について話していき、ストーリーが終了します。
しかしもし推理漫画の犯人が捕まった後にベラベラと喋らなかったらスッキリしないものとなりますねw

殺人を犯した犯人がなぜこのような行動を犯したのかがある意味推理漫画の醍醐味とも言えます。
しかし肝心の部分をテンションによって話さないとなるとスッキリしませんね。