銀色のアタッシュケースを持ち歩いていたところ、その様子を怪しいと感じた警察官に声を掛けられた男性。アタッシュケースの中を見せるように頼まれたところ、ここでは見せられるものではないと答えたため、交番へと向かうことになったようです。交番内で開かれたアタッシュケースに入っていたものは、綺麗に整頓された電車のおもちゃプラレールの電車車体となっていたことから、警察官も思わず声を失ってしまっていたということだったようです。

見るからに怪しいアタッシュケースの中身に入っていたものが、まさかプラレールなんて驚きの結末でしたね。