日本の動物園で生まれ育ったジャイアントパンダは、上野動物園ではトントン(1986年生まれ)とユウユウ(1988年)、そして和歌山県白浜町にあるアドベンチャーワールドでは良浜(2000年)から結浜(2016年)まで、全部で15頭もいます。
しかし、シャンシャンはこれから繁殖を担う大切なパンダの一員として、2歳ごろに日本を旅立ち、中国へ返却されることになっています。
それまでの成長を、見守りたいですね♪