「花粉光環(かふんこうかん)」とは、太陽光が花粉の球形粒子に当たって曲げられ、そこだけ虹色の輪っかの様に見える大気の光学現象のことです。特にスギの花粉の光環は美しい同心円を描き、「魔のサークル」と呼ばれることもある様です。この時期に雨上がりで晴れて風が強いと良く見えるそうで、花粉が舞っていることを目視でも確認できる状態と言えるでしょう。

しかし、ようやくインフルエンザや風邪の対策のマスクを外せるかと思ったら今度は花粉症対策でマスクを掛けないといけなくなるのはつらいですね。