『新世紀エヴァンゲリオン』は、1995年から1996年にかけて全26話が放送されたテレビアニメとして始まり、その後、映画化、ゲーム化など様々な分野に進出し、現在でも人気の高いアニメ作品の一つとして知られています。世界でもアニメを吹き替えされたものが存在しており、アニメ内で主人公碇シンジが叫ぶシーンが、日本語、英語、そしてメキシコ(スペイン語)の3つで比較されていたようです。

聞きなれた日本語と、英語での叫び声も少し違った印象を感じますが、最後のメキシコでの吹き替えの声がどう聴いても笑っているように聞こえてしまうのが、とても不思議ですね。