アニメ『ポプテピピック』は、大川ぶくぶによる日本の4コマ漫画作品を30分間のアニメーションとして製作されたものです。30分のうち、15分間の同じ映像を1回目と2回目で声優を変えて放送する構成となったわけは、たくさんの声優に出演してもらえると考えたため、またドット絵・人形アニメーションなど様々なアニメを組み合わせた映像は、フジテレビ制作による子供向けバラエティ番組『ウゴウゴルーガ』を意識して作られていたものだったということが判明したようです。

様々な声優さんが出演することから、その声優さんのアドリブに合わせてアニメーションを変えることもあるなんて、とても挑戦的な製作づくりがされていたようですね。