周りから「凄い」と応援されて、一気に成長していき、そこから積乱雲として大きく成長したり、負の感情で下降したりする雲…。
なんだか、ちょっと人間の一生と似たようなものを感じてしまうのは、私だけでしょうか?

でも、成長したく積乱雲にも限界がきて下降していき、新しい雲の赤ちゃんに「お前凄いわ」と褒めていくというもの…。
やっぱり人生に似た何かを感じますw

こうして見ると、積乱雲にも親近感が沸いてきますねw
少し見方を変えれば、私たちと似たようなものもあるんだなと思った積乱雲の一生でした。