折り紙とは、主に正方形の紙を折って、動植物や生活の道具などの形を作る日本伝統の遊びとして知られています。折り紙の中でも、比較的誰もが折ることが出来るほど有名な折り方のうちの一つとして「折り鶴」が知られています。あらかじめ、完成するときちんとした模様が入るように印刷された折り紙を使って折り鶴を折ったところ、どこかで手順を間違えたのか、見本通りの折り鶴が完成せず、羽の部分に目とくちばしが浮き出てしまうというものになってしまったようです。

折り紙も長い間折っていないと、慣れ親しんだ折り鶴でもこんな風に間違えてしまうことがあるかもしれませんね。