生活保護受給者がギャンブルをすることが問題視されており、生活保護の在り方が問われるといったことがあります。
生活費のために生活保護を受けているはずがギャンブルに使いまた生活が苦しくなるといったひどい負の連鎖が起きることがあります。
生活保護を受けるだけでなく、友人からお金を借りてそれをスロットに使うのは誰が見てもダメですね。

自分でギャンブル依存症と言っているところを見ると自覚はあるのでしょうがLINEのやりとりを見ると反省してないですね。
お金は返ってこないと諦めるか最初から貸さないのが無難ですね。