前年度やまわりの就活生との比較をされる。エントリー数を増やすことを斡旋させれる。そして焦る。就活生にとっては悪循環なように感じます。そんな悪循環な状況をつくりだしているのが就活支援企業だという意見がこちらです。

まわりに内定者がでてくると、それだけで不安になるのが就活ですよね。自分に自信をなくし、まわりが見えなくなっている状況でひたすらエントリー数を増やすことには疑問を感じますね。ただ、落ち着いて自分と向き合えていれば、それがいい結果に繋がるのかもしれませんね。