新しいものを年代物のように見せる錆塗装。実際に自然に錆を発生させるには、非常に長い時間がかかってしまいます。
錆塗装を自然のもののように行うのは、技術とセンスが問われるものだと思います。
そんな錆塗装を子供のおもちゃにまでしてしまっています。
妖怪ウォッチの大人気キャラクターであるロボニャンは確かにロボットなので、錆びるのは現実的にありえますが、ここまでリアルにつくってしまうと、完全にボロニャンですね。
これでは、子供も泣いて逃げ出してしまうと思います。