ユキヒョウは、中央アジアのみに生息している幻の動物です。夏は、標高2700~6000mの高原や山岳地帯で生活していますが、冬は獲物も山を下りるため、一緒に1800mの標高まで下りてくるそうです。
また、ユキヒョウは群れを作らず、ばらばらに暮らしているのでとても見つけにくく、40年ほど前まで、野生のユキヒョウの姿は写真でも見ることが叶わなかったそうです。
今、この映像でユキヒョウが見れることは奇跡に近いのかもしれません。赤ちゃんも、元気に大きく健康に育ってほしいですね。