大ヒット映画「シン・ゴジラ」の第二形態のモデルになっているともいわれている、深海魚「ラブカ」を発見したTOKIOのリーダー城島茂と山口達也。この発見には研究者も驚いたといわれるほど、大変な発見だったそうです。もちろん、この話題はヤフーニュースでも取り上げられ、そこに書かれたコメントがうまい!とネットで話題になっています。

TOKIOが捕まえられないのはリーダーの嫁だけ。確かにこれだけ多くの生物を発見し続けているリーダーですが、未だ嫁は発見される気配もないですね。このコメントをしたかた、リーダー本人も目を通していることに驚かれているでしょうね。