話題の画像が見つかる。

「猫とろ」さんのイラストがこんなに切ないその訳は。

「猫とろ」さんのイラストは絵柄のみならず添えられている言葉がほんとうにすてき。恋する人のため息のようであったり、はずんでスキップするような気持ちのようであったり、いとしすぎて刺さる胸の痛みのようであったり。話題になっているイラストはモノクロの過去作品に色をつけたもの。立体感を帯び、さらにすてきになりました。

猫とろについて

「猫とろ」さんのイラストがこんなに切ないその訳は。

イラストへの反応

モノクロ版も遡って見たよ♪
どっちもすてきだけど、色がつくと奥行きがでてやっぱりいいなあ。
猫とろさんは、まだ高校生なんですね。
絵がうまい人はたくさんいるけれど、彼女のイラストは添えられている何気ない言葉がとてもよくて・・・イラストと言葉がタッグを組んで、ホント胸に染み入りますよ。
イラストとして切り出すシチュエーションのセレクトセンスも秀逸だと思うわ。
恋する気持ちは、うまくいっているときもそうでないときも、どうしてだか「痛み」があるのよね・・・。

角川(メディアワークス)から、猫とろさん初の単行本「ほんの小さな幸せをきっと君は奇跡だという 恋愛シチュエーション・アンソロジー」が出版されます。発売日は2015.11.20!

前の画像 次の画像

おすすめ記事

この記事に関するキーワード