話題の画像が見つかる。

犠牲者多数 公園に潜む恐怖のあれ!

あるあると誰もがうなずくブランコについてる柵です。
この柵の目的はブランコに乗っている時の進入防止用の柵らしいのですが、
分かっていても怪我してしまうのは活発だとしょうがないのかもしれません。
「あるある」と思った人はやはり子供の頃にやんちゃだったのではないでしょうか?

笑えるについて

犠牲者多数 公園に潜む恐怖のあれ!

犠牲者多数 公園に潜む恐怖のあれ!

犠牲者多数 公園に潜む恐怖のあれ!

犠牲者多数 公園に潜む恐怖のあれ!

ブランコであの柵越えようと何回も飛んでたなー。
絶対届かないのにね。
私はあれで怪我して頭縫ったなー。
あと他の遊具で骨折したりねー。
・・・いるよねいつもそういう怪我してる子

公園での思い出っていつまでも残りますよね。
大人になって子供の頃の遊びが話題で上がったりすると、
公園で遊んでた思い出がいかに多いか気が付きます。
最近では公園の遊具が危険だという理由で減っているそうですが、
この柵での「あるある」は無くならないでしょう。

前の画像 次の画像

おすすめ記事

この記事に関するキーワード