話題の画像プラス

話題の画像が見つかる。

どんなに大きな愛情表現でも、相手の「同意」がなければ大迷惑。「バウンダリー」を守ろう!

名古屋市長がソフトボール日本代表の後藤希友選手の金メダルを噛んだ件が非常に話題になっており、批判が相次いでおりますが、相手の一線=「バウンダリー」を守る配慮は他人に対して配慮しなければいけません。どんなに仲がいい相手でも「同意」は必要です!

バウンダリー

子どもを守る言葉「同意」って何?【公式】のアイコン
子どもを守る言葉「同意」...
@Consent4kidsJp

メダリストのメダルを「噛んだ」件が話題です。もう謝罪されているので批判ではなく「同意」の例として一考。
相手の身体はもちろん、持ち物にも、触れる前には「同意」を確認したいもの。特に「口」は特別ですよね。相手の一線=「バウンダリー」を守る配慮が必要です❗️
#同意で考える
#メダルかじる

どんなに大きな愛情表現でも、相手の「同意」がなければ大迷惑。「バウンダリー」を守ろう!

どんなに大きな愛情表現でも、相手の「同意」がなければ大迷惑。「バウンダリー」を守ろう!

同意への反応

苦労してでも楽したい @carbonhydrat

子供に教えるようなことをおっさんにも教えないといけない世の中になったw。というか、昔はそういうところもコンプライアンスがガバガバだった。だからそこそこ生まれる子供の数が維持されていたのかもしれんが。

蒼 Aoi 🧏‍♂️🏳️‍🌈🌿🇨🇦🇯🇵 @IamAoi32

これがおれが日々日々言っているバウンダリーです

an_shida @an_shida

これは素敵な本だなと興味が湧いたけどポテトのくだりでちょっと笑った。

みゃーこ @Np5DgXjHkhWW9Yv

4歳息子の愛読書! 4歳でも『同意』を理解し、とても大切にしているし、実践してる。 なのに社会的地位のあるいい大人があの有り様とは。

ザ・ピンクベアー @800_long

近所のおじさんの家が恐くて震えている。

パイスラッシュ @nice_pieslash

これ、友達どうしでフラットな関係なら同意の確認は有効だけど、年齢差があったり、社会的な立場が違う大人どうしだとその同意の裏側に忖度とか場の雰囲気とかあってダメと言えないこともあるから同意を得たからと言ってオーケーとはならないよね。

助産師まゆさん @mayu244ts

境界線(バウンダリー)とは。(本のページ参照) 人の境界線を知るには聞いてみるしかない。勝手に判断はできない。 そこで「同意をとる」ってことが必要になる。 この本はとても分かりやすくてユーモアもあって、小学生くらいのお子さんなら十分1人でも読めます☺️ 大好きな本😊

おいけのまわり @WzjkMqPLu4hYpiS
ふーみえー@箱根の山の中 @fumieee123

同意必要だよね。相手があるよ。人間として見てる?

サト @sat_mi

こちらにあるように、同意はとっても大切です。 けど、地位あるおじさんと若い女性では権力勾配があるので、本音は嫌 でも頼まれたら同意せざるを得ないから、そもそも自分がおじさんだって自覚してメダルを掛けさせて欲しいと頼むことすら自重して欲しい。

ケセラちゃん🏳️‍🌈 @MCkurumafu

「口」はほんとに大事な場所! 前に友達だと思ってた男にキスされた後「これは人権侵害だ」ってずっと心の中で繰り返してた。 他人の所有物/身体の一部を許可なく口に入れるのは暴力/ハラスメントと言っていいと思います。

にじいろ🏳️‍🌈 @beingiscare

私も金メダル噛んだ事件を聞いた時、真っ先にこの本のことを思い出した。「同意」って「性的同意」に限らず日常で大切にしたいこと。昨日ラジオで「娘が習い事の先生に断りなく急に爪を切られてモヤモヤした」という投稿があり、そのモヤモヤの正体は同意のあるなしやよなーと思いながら聞いていた。

ろく @VkvNPQw7y9n2NK3

いやその通りなんだけど、あーゆー奴は同意とか取るんだよ権威がある相手なら。自分より年下の女性ってだけで見くびって、会った瞬間「でかいね」って、噛んでやるのは名誉だって思ったからやったんだよ

Haruno 『グレッグのダメ日記』15巻 『子どもを守る言葉「同意」って何?』 @torumarine

メダルもかわいそう。持ち主の同意なしでかじるなんてとんでもない。この本を読んでください。「同意」を理解できていない大人がいるということ。なげかわしい。投票する人もどうか読んでみてください。

ととまめ @totomame_ikra

メダルを噛んだ件、わたくし的には首にかけるのもアウトだと思う。メダルを首にかけられるのは努力してメダルを獲得した選手だけ。「長」のつく地位の人でも「同意を得て手にとって見る」だけだと思う。

誰しも「これは嫌だな」と感じる境界線があり、対人関係は特に相手の相手の境界線=「バウンダリー」を配慮しなければいけません。
自分が思う大丈夫の線と、「これはイヤだ」と思う間は誰しも持っています。

基本的に”自分がされて嫌なことは人にはしない”が鉄則で、何かをするのであれば必ず「同意」を確認したいものですね。
ただ批判して終わりにするのではなく、大人がバウンダリーを理解し子どもたちに日常で伝えるようにしていきたいですね!

前の画像 次の画像

この記事に関するキーワード