こんな可愛いパッケージならどんどん増えてほしいですし、多方面に浸透しそうです。
消費者としても地球のためのエコ活動を気軽に取り入れられますし、商品を選ぶうえでの一つの指標になってとても良いと思います。

紙のパッケージはかなりのスピードで受け入れられ、使われていきそうですが、ファストフード店やコーヒーショップなどで使用され始めている紙ストローを使った方はいらっしゃいますでしょうか?
あまり良い製品でない場合、飲み物の口当たりが変わったり、飲み切らない内にストローがふやけてしまったり、とてもじゃないですが使えないような紙ストローもあります。

紙製品はこのように課題も残していますが、今後飛躍的に伸びる分野とも言えますね。
どんな商品が次に出てくるのか、期待してみていたいと思います。