音楽の授業で習うような動揺や子どもの歌ではなく、普段の生活で耳馴染みのあるメロディーばかりを揃えたこの課題。これは子どもたちの興味もわきますし、演奏してみたい!という気持ちになれますね。

音符だけ見てどんなメロディーか分からないものでも、演奏してみたら『ああっこの歌知ってる!』という発見になるかもしれません。

でもマクドのポテトがあがる音とか、ファミマの入店音とか、楽譜があるわけではないでしょうから、先生が耳で聞いてご自分で楽譜にされたんでしょうね。先生のアイディアや工夫も素晴らしい!子どもたちが楽しく課題に取り組めるように考えてくださっているんですね。

私もリコーダーを出してきて挑戦してみたくなりました!