こちらはある番組で紹介された中学生がなりたい職業ランキングのようですが、日本とアメリカを比べた結果、驚愕の結果になったのではないでしょうか?
アメリカは一言で言うと人々を救いたいと願う思いが読み取れるリアルな意見ですが、その一方で日本はある意味リアリストな意見が飛び交っていますね。昭和の人はもうひっくり返っていることでしょう。
1位のYouTuberはうまく跳ねれば一攫千金が狙えるので確かに憧れる人は多いでしょう。eスポーツもゲームで賞金が得られる大会があるとなると注目せざるを得ないところでしょうか。

ただ強いて言うならば、これらの道に歩む際、いずれ大きな壁にぶつかることになるでしょう。