人生を3周しているかもしれない人である仁禮彩香さん。現在代表を務めている会社名がタイムリープというそうで、これは人生を3周しているかリーディングシュタイナーの持ち主に違いありません。

幼い頃から、先生が言っていることに従っている子どもが優秀だということに疑問を感じていたという仁禮さん。誰もがそう考えたことがあるかもしれませんが、そこから中学生で企業しようと思うところがすごいです。

学生ながらに起業、日本でももっと増えてほしいですね。