こちらのイラストはなんとあのUber Eatsが屋台になってしまったものですが、なんともありそうで無さそうといったところでしょうか。
ちなみにUber Eatsは、たくさんの飲食店をデリバリーで味わえるのが最大の特徴なのですが、このイラストを見る限り作り手は一体誰になるのでしょうか?ここでこそ飲食店の料理人が出てきそうですが、チェーン店の場合だと一体どうなるのでしょうか?

コメント欄を覗いたところ、そこで気になったのが「電話で来てくれるタイプの出張ラーメン屋は既にある、あとはUberのレッテルつけるだけ」というコメントです。つまり、事実上この形式の屋台は不可能ではないということになりますね。

当然実装するかしないかは本社次第になりますが。特にコロナウイルスが蔓延している中では当分無理でしょう。