銀魂の主人公である坂田銀時は背中を見せている姿を目にすることが多く、作者の空知先生も最後は万事屋の背中にしようと決めていたようです。
しかし最後は読者の所に帰ってくるといった意味を持たせてラストページは読者の方に走っていくように描かれたようですね!

漫画の終わり方には様々ありますが長期連載されていた作品ほどその終わり方に注目が集まります。
銀魂のラストページで万事屋の面々が走ってくる描写はこのような理由があったようですね!