「ヒナを羽の下に匿うアフリカレンカクの姿はエイリアンのようです」レンカク科の鳥で、長い指と爪で体重を分散させてスイレンなどの葉の上を歩ける。一妻多夫でオスが子の面倒をみるそう。

鳥の世界にも一妻多夫なんて世界があるようです。
ですが、この鳥エイリアンのような足で、ちょっとびっくりですが、分散させるとの事を知ると、便利にできているんだなと感じました。
こんなに足がまばらに生えていて、けがをしたときは、痛みを感じすぎて大変かな・・・。