『100日後に死ぬワニ』の作者さんはきくちゆうきさんとおっしゃる漫画家さんです。
ご友人の死をきっかけに、終わりは突然訪れるもの、それを考えるといろんな人に優しくできたりできるかもしれない、たくさんの人が何か考えるきっかけになれば、という思いを持ってこの作品を描かれたようです。

しかし10年前はけっこうTwitter上では尖った発言もされていたようです。『じじいばばあ』『デスノート』『撃ち殺す』等々…(苦笑)

優しいワニさんの話を描いた穏やかな作者さんと違いすぎる!!と驚かれる方も多いかもしれませんが、
まぁこれらは10年前のお話で作者さんもだいぶお若かった頃ですから、、若い時って誰しもこんな尖る時期ってありませんでしたか!?

10年たって大人になるなかで、考え方も変わり、丸くなられたのかもしれないですね。いろんな経験や時期を経て、今の作者さんがいて、この作品が生まれたのですから、『有名になって手のひらを返したようだ!』などとあんまり騒ぐこともないんじゃないかな、と個人的には思いました。