サルマカンドは平和を象徴する青いタイルで装飾され、歴史的建築物が多く残る「世界中で最も美しい街」とも謳われる場所です。

「死者の通り」と呼ばれる狭い通路には、サルマカンドブルーの11の廟が隙間なく並んでいて、なんとも幻想的な雰囲気です。お墓といっても観光名所なので、普段からたくさんの人で賑わっているといいます。

サルマカンドの美しすぎる青の世界を
死ぬまでに一度は体験してみたいですね!