こちらが今回紹介する画像になりますが、皆さんはもうお気づきでしょうか。

1枚目の画像は柴犬とグレーの毛並みが混ざった子犬との仲睦まじそうなものですが、2枚目をよく見ると、子犬だった犬と柴犬の大きさが逆転してしまっているのです。

これはもう柴犬の立場が無くなってしまったのではないでしょうか。もはや柴犬涙目でしょう。

それにしてもわずか1年でここまで大きくなるものでしょうか。さしずめおよそ3歳ぐらいにかけて一気に成長したところでしょうか。

今度は元子犬が柴犬を支える関係にほっこりとするのではないでしょうか。