性被害に遭った女性に対して、本気で抵抗したら防げたとかいう人は確かに一定数いますが、令和のこの時代にそんな意見を大々的に言えてしまうのもすごいですよね。

性被害は加害者が100%悪いの一択であって、被害者にも落ち度があったという意見は何を言っているのか理解出来ません。

ジョン・カビラさんのように正論を堂々と言えるのはかっこいいですし、寝惚けた意見にもビシッと物申すことが出来るジョン・カビラさんはきっととても優しい方なのではないでしょうか。