バウムクーヘンと呼ばれているものはちゃんとした基準を
守って一つ一つ手作りで作られているものだったんですね。
よく見るバームクーヘンは大量生産できるように日本独自で
発展したものということを初めて知りました。
材料や作り方も自由なんですね。
普段よく見ているものはバームクーヘンのものが多いですよね。
こういう風に違いがあると思うと、普段どこでも売っているものは
もはや日本独自のものになるので美味しいんですけど、
なんだか本場のバウムクーヘンを食べてみたくなりますね。