実際、この記事の見出しを書いた記者の方は、韻を踏んでいるのはまぐれで見やすく見出しを書こうとするとよくあることなんだと話します。にしても、「記者も感心」の部分は確信犯だろうと思っている方は結構多くいました。

ニュースに注目すべきはずなのに、別のところに注目しちゃうほどインパクトが強いですね。実は、他にも「弥生の玄米 実は玄米」など、さがすとちょこちょこ出てきているんです。

次から記事を見るときは、見出しにも注目しちゃいそうですね。