皆さんいかがでしょうか。これこそが誰もが憧れる男気溢れる先生の宿題ではないでしょうか。

この宿題を出した先生やその学校の詳細や事情に関しては詳しく分かりませんが、この文を見る限り、先生は死期が近づいて生徒に遺書代わりとして出したように見えます。

必ずしもそうとは限らないですが、これを生徒側として受け取るとしたら皆さんはどうしますか。

みんなが普段嫌がるであろう宿題を逆手にとって最後の最後だからこそと宿題いう言葉を使って先生自身が本当に望むことを宿題越しで生徒に伝えようとですが、

これほど泣ける宿題はこの世に存在しないはずです。

これこそが先生が生徒に対しての本当の愛なのではではないでしょうか。