一般人が野球ボールを投げても時速100キロを超えないことはよくあり、プロだからこそ160キロを投げられる投手がいます。
しかしそれすらも優に超えて光速の90%の速さとなる時速10億キロともなるとキャッチャーが捕れないどころか球場の1.5キロ以内あるすべての建物が消し飛ぶといった恐ろしいことが待っているようですねw

実際には人間で光速に近い速さで野球ボールを投げられる人はいませんし、機械を使ったとしてもまずないことなのでそこは安心ですね。