「何故、学校へ行かないといけないのか?」「学校へ行く方が不幸である」と訴える、不登校ユーチューバーのゆたぼんさん。に、世間は批判的な声も見せています。

そんな彼の発言を論破してくれたのが、太宰治さんの著書「正義と微笑」です。
勉強は覚えることが大切なのではなく、カルチベートすることだと語っていて、もし覚えたものを忘れてしまっても勉強をすることで得られるものがあると語っています。

確かに、勉強して覚えるのが正なのではなく、勉強をした過程が大切だと筆者も思います。これを見て、勉強の大切さをひしひしと感じましたね。